羊コンシェルジュ

第十四回 年齢バイアスにとらわれないフレンチマダムのように

2017年6月20日

「出展:https://www.aol.com/
フランス新大統領マクロン氏が誕生しました。マクロン氏は39歳。フランス歴代大統領の中で最も若い大統領です。最近の政治家はカナダのジャスティン・トルドー首相やアメリカのオバマ元大統領など若くてハンサムな人が増えましたね。



出展:ウィキペディア

日本も政策、手腕はさておき小泉進次郎さんクラスのビジュアルの首相が誕生したら少なくとも今以上に女性の政治への関心は高まること間違いなしでしょう(笑)。

話がそれてしまいましたが、今回のコラムはマクロン氏大統領就任と同じくらい世界が驚いた新ファーストレディ、ブリジット・マクロンさんに倣う“何歳だから”という年齢バイアスにとらわれないしなやかで美しいフレンチマダムについて。



野口雅子さんの著書、「フランス女性は80歳でも恋をする」によると、フランスでは女性は年齢バイアスから解放された生き方がスタンダードだそうです。
この本の中で、フランス人は日本で有名、著名人の名前の横に()で年齢が表記されていることにとても驚くという一節があります。
なぜわざわざ年齢を表記するのかの意味が解らないそうです。
日本では色々な意味を込めて、年齢が表記されているように感じます。
“その年に見えない”や“その年のくせに”など、()でとじられた数字は色々なイメージのきっかけになる数字です。

日本ではなぜ年齢バイアスにとらわれてしまいがちなのでしょうか?

その原因の一つは、この本の中にも出てくる「可愛い」という言葉の“呪い”ではないでしょうか。

「可愛い」は「KAWAII」と表記され、「BONSAI」や「MANGA」に並ぶインターナショナルなキーワードになりました。もともと日本では文化的に不完全だったり、未熟なモノ・コトに美しさを見出す土壌があります。男性だけでなく、女性自身もいつまでも不完全で未熟なままでいることの方が“KAWAII”と考え、それにしがみついてしまいがちです。けれど、フランスでは年齢を重ねることによって女性の魅力は増していくという考えがスタンダード。20代の女性より40代の女性の方が魅力的、つまり”マドモアゼル“より“マダム”の方が女として格上なのです。
一方日本では若い女性を指す言葉の少女、女子、女の子という言葉に比べ、大人の女性を指す言葉は熟女、おばさん位しか見つかりません。だから苦し紛れのような“大人女子”なんていう言葉が生まれるのでしょう。これらの言葉を見るだけで、日本では年齢を重ねていくことは素敵なことではないという呪いのようなイメージを与えられてしまいます。

私たち日本の女も、“可愛い”にしがみつかず、開き直らず、年齢を重ねる毎に魅力を積み重ね、25歳年下の大統領になるような男を魅了するブリジットさんのようなフレンチマダムを目指しましょう。
そしてフレンチマダムの目指すためのルールを5つご紹介します。



1.年だからと自分自身を卑下しないこと。

“もう40代だから、お洒落な場所はちょっと場違いかな”や“30代らしい服を着なくては”と本当にやりたいことを年齢の為にあきらめていませんか?
“あの人、イタいよね”と言われたくないから、年齢に応じた普通でいようとする。
そんなつまらない生き方は止めましょう。
あなたを“イタい”というような人は、あなたを幸せにしたり、楽しくする人ではないことは間違いありません。もちろん、人に迷惑をかけたり、傍若無人にふるまうことはNGですが、そんな人は放っておいて、あなたはあなたの好きな生き方をしましょう。

年齢バイアスは“私は〇歳だから・・・”と自分自身を卑下することから始まります。



2.ハイヒールを履くこと。

女性が最も女性らしく見える靴、それがハイヒールです。
足は膝から下が長いととても美しく見えるのです。そしてかかとが上がると、ふくらはぎがキュッと上がり、筋肉が美しい緊張のラインを作り出します。さらに、かかとからこぼれ落ちる水流のようにしなやかなピンヒールは足元だけで女性美を表現するアイテムなのです。
けれど、ハイヒールを履いても背筋が曲がっていたり、下を向いていたのではせっかくの美しさが消されてしまいます。
ブリジットさんは、生足でハイヒール、そしてミニスカートというファッションで美しいと言わせる迫力がある。それは彼女が背筋を伸ばし、顔を上げて笑顔で前を見ているからです。
ハイヒールは疲れるから、歩きにくいからという理由で履かないのは女として美しくいる為の権利放棄のようなもの。そしてハイヒールは履き続けていれば疲れる靴ではなくなりますよ。



3.何もない日でも、だれに合わなくてもメイクとおしゃれをすること。

”今日は一日誰にも会わないから“”どうせ会社の往復だから“とメイクやお洒落の手抜きをしていませんか?
若くてはじけるような年齢ならそれでもいいでしょう。けれど、年齢を重ねても美しいフランスの女性は、お手入れやメイクの手抜きはしていません。むしろ年齢に比例してメイクとおしゃれに手間をかけていきます。デコルテがぐっと開いたニットに上質なパールと赤いルージュをひき、近くのカフェで一人くつろぐマダム。さりげなく見えてもそこに緻密な計算があり、その計算は日々のお手入れやメイク、ファッションで成り立っています。
女として臨戦態勢でいるからこそ、女としていつづけられるのです。



4.口角を上げて、目じりを下げる笑顔でいる時間を作ること。

日本で街を歩いていると本当に幸せそうな表情の人が少ないことに気づきます。

そして、年齢を重ねていくと笑顔になるようなことは積極的に見つけないとなかなか見つからなくなります。そのまま普通に過ごしていたら、不満や不安にさせることは増えても笑顔になれることは見つけられなくなり、いつの間にか口角が下がり、目じりが上がって鬼のような顔に。
例えば好きなお花をテーブルに飾ったり、おいしいものを食べたり。
そんな小さなことでも積極的に生活へ取り入れてみましょう。若い頃はゴージャスな美女に逆立ちしたって勝てなかったけれど、年齢を重ねたら顔のつくりが整っているだけの女性より笑顔が素敵な幸せオーラ満載の女性が数段魅力的です。



5.ランジェリーはファッションよりも一段上のものを身に着けること。

緊張感は色気の源。女性として緊張感をもっているかどうかはランジェリーに現れます。
スポーツクラブやゴルフの浴室で着替える時、年齢を重ねた女性でランジェリーに気を配っている人がいかに少ないか実感します。
ランジェリーは宝石と同じく、自分の肌に身に着けるもの。だから上質で美しいものを身につけましょう。上質なランジェリーはあなたに嫌味のない自信を与え、そして同時に色気を生み出す源になります。

日本人が年齢バイアスから解放されるにはまだ少し時間がかかるかもしれません。
けれどエイジレスで魅力的な女性が増えれば自ずと年齢はさしたる問題ではなくなっていくことは間違いありません。
今日からフレンチマダムのようなエイジレスな生き方をめざしてみませんか。

著者紹介:西澤 史子


  • 1968年生まれ横浜市出身。株式会社ループ 代表取締役社長。
    短大卒業後は、在学中に所属していたモデル事務所所属のモデル・MC,TVレポーターを経て某大手電器メーカーの法人営業を中心に13年間勤続後、年間四十万人以上を動員する業界最大手のカップリングパーティーイベント企画会社で、広報及び法人営業統括部長兼専属婚活アドバイザーとしてテレビ番組レギュラーを務め、年間100本以上の婚活企画をプロデュースし、地方自治体への婚活事業コンサルテーションも担当する。
    2012年株式会社ループ設立。
    コミュニケーションコンサルタントとして、活動領域をダイバーシティ、女性活用と育成、コミュニケーション教育へも広げ、全国で研修・講演を行っている。

  • 電話占いマヒナ今すぐあやかりたい!幸せ術
  • 連載コラム一般
  • あさの☆ひかりがゆく!!
  • 12星座占い